娘が言うフミオ!フミオ!フミフミオ!、実は英語?!

May 24, 2016
child

我が家の娘にはお気に入りの英語の歌がいくつかありますが、

“Put Your Shoes On”もその一つ。

ほらクツ履いてー!、マフラーしてー!上着着て〜!出かけるわよー!そんな感じの歌なのですが、

サビっぽい箇所を初めて耳にした娘が歌ったのは

「フミオ!フミオ!フミフミオ!」

私は歌詞を知っていたので爆笑しましたが、実際の歌詞は

Hurry up! Hurry up! Hurry hurry up! です。

でも聞いてみると確かにフミオに聞こえるのです。

出だしは「ハ」ではなく「フ」近い、終わりの「UP」も「アッ」という感じでPの音は聞こえない、決してハリーアップとは聞こえないし、むしろフミオが近いのです。

大人になるとローマ字読みが邪魔してしまいますが、基本は聞こえたまま発音すること。

発音の規則も繰り返すうちに身体で覚えてきます。

レッスンの中では、聞こえたまま後についてかぶせるように発音するトレーニング法「シャドーイング」も行います。

 

You Might Also Like